育児ストレスとうつ

女性は妊娠・出産によって大きく生活サイクルが変わります。

女性にとって、妊娠・出産は大きなライフイベントです。そして、出産後の子育ては今までの生活サイクルが大きく変わる人生の変動期間です。この期間はうつになりやすい時期とも言われています。

妊娠中のうつの発生率は大きく、約10人に1人くらいの割合でなる可能性があるようです。 予定外の妊娠、家族のサポートの不十分、仕事への影響が原因で大きなストレスがかかり、うつになってしまうのです。

出産後もホルモンのバランスが崩れたり、子育ての不安などからうつの症状がでてしまうこともあります。 このうつの症状は「マタニティー・ブルー」と呼ばれ、産後1~2週間で治まることが多いようです。

しかし、中には「マタニティー・ブルー」が治まらず、そのまま「産後うつ病」となってしまうケースもあります

出産後うつ病になる女性がいます。

「産後うつ病」の原因の一つに、心理社会的要因が挙げられます。 女性は出産と同時に「母親」「子育て」などの新しい役割を持ちますが、役割への戸惑いや不安が大きなストレスとなって、うつを発症させていまうのです。

夫は仕事に出てしまいますから、生活サイクルが全て変化するわけではありませんが、1日中子育てをする妻は、生活サイクルの全てが赤ちゃんが中心となるので、そのストレスは大きいのです。

うつの状態にならないためには、夫や両親の手助けを借りたり、託児所や一時保育を利用するなど、子育ての負担を1人で抱え込まないようにしたいものです。

各自治体では、ヘルパーの派遣や乳幼児のショートステイ、産後ケア施設などの支援サービスを行っていますので、地元の支援制度を上手に利用し、ストレスの解消・うつ病の防止につなげると良いでしょう。