子育て中の夫への不満

夫婦の信頼関係が崩れる!!

子育て中に夫への不満が重なりストレスがたまる、夫への信頼が薄くなったという女性の話を良く耳にします。夫婦にとって、新しい命の誕生は喜ばしい出来事なのに、いったどういうことなのでしょうか?

子供の誕生は結婚生活の中での大きな出来事です。実際に妊娠するのは妻ですし、出産後の子育てはほとんどを妻がしているのが現状でしょう。

家事も子育ても夫婦で役割分担すると話し合って決めたとしても、実際の生活では不可能に近いでしょう。

よほど特殊な仕事でない限り、夫は朝には仕事に出かけますし、帰宅時間は毎日同じ時間に帰れるとは限りません。

のしかかる家事と育児

特にゼロ歳児は、夜中の授乳が必要ですし、夜泣きのひどい赤ちゃんもいるでしょう。そのたびに妻は起きなければなりません。

翌日の仕事があっても、起きて手助けすてくれる協力的な夫は少ないでしょう。中には、赤ちゃんの夜泣きを妻のせいにして怒鳴りだす人もいるようです。 これではストレスがたまるのは当たり前です。

自分が仕事で出かけている間、赤ちゃんと二人でどんな生活をしているのか考えたことのある夫は案外少ないのではないでしょうか?子育てをしながらの家事は、夫が思っているほど簡単ではありません。

赤ちゃんがうつ伏せで寝たまま窒息しないかとか、へんなものを飲み込んでしまわないかとか、火傷をしないかとか、常にあらゆることに気をくばりながら、家事をしなければなりませんから、大変ストレスがたまります。

そういったストレスを理解してくれる夫であれば、協力が少なくても、妻の気持ちは少し楽になるかもしれません。

そして、仕事が休みの日には、少しの時間でもよいので、妻を育児から解放する時間を作ってあげられれば、育児ストレスを和らげられるはずです。